また、天王洲最大の娯楽施設といえば銀河劇場という劇場なのですが、銀河劇場はいまでは代々木アニメーション学院という専門学校に買収されて、アニメ関連公演のポスターが貼られていました(従来通りの演劇も上演されてはいるようですが)。

高齢の方が多く住んでいる都営住宅は建物の老朽化が進んだらしく、大規模な修繕工事が行われていました。

こんな状況の天王洲ですが、それを逆手にとって活用する向きもあります。ハイセンスな街並みの割に人通りが少ないことから、ドラマやCMのロケが多く行われているのだそうです。
また、倉庫が残されている地区では大きな動きが始まっていました。倉庫の敷地や建物を再活用して、ハイセンスなデザイナーズオフィスやショップがいくつもオープンしていました。交通の便が良くて景観もよいわけですから、占いのデザイン事務所やアパレル企業の入居が今後は見込まれるのでしょう。